ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は効果もすごいが副作用もすごい

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は効果もすごいが副作用もすごい

ネットで調べるとミノキシジルタブレット(ミノタブ)を服用して薄毛改善を目指している方をたくさん見かけますが、ミノタブは効果が高い反面副作用もすごいと聞きます。ミノキシジルタブレットは薄毛対策として使うべきなんでしょうか?ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の効果の理由やどんな副作用のリスクがあるのかを詳しく調べ、さらにミノタブの購入方法や効果があってミノキシジルタブレットよりも安全な薄毛改善法についても調べてまとめてみました。ミノキシジルタブレット(ミノタブ)を服用してみたいと思っている方、薄毛をどうにかしたいと思っている方はぜひ読んでみて下さい。

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)の効果

薄毛改善に使用されるミノキシジルタブレットにはどんな効果があるのでしょうか?ミノキシジルタブレットの持つ効果と、その効果がある理由を詳しく調べてみました。

ミノキシジルの効果@元々は降圧剤?

薄毛改善効果があるとされる「ミノキシジル」は、薄毛に悩む方であれば一度は聞いたことがある成分なのではないでしょうか?
ミノキシジルは非常に高い発毛効果を期待できる発毛成分で、薄毛治療を専門で行うクリニックの治療にも取り入れられている成分です。

今でこそ服用薬のミノキシジルタブレットや頭に直接塗る外用薬などの発毛剤として使われているミノキシジル。しかし、実は薄毛改善を目的として作られた成分ではないんです。

ミノキシジルは血管を拡張することによって血圧を下げる効果を持つので、元々はその作用を利用して降圧剤として使われていました。
しかし実際に高血圧の薬としてミノキシジルを服用していた方の多くに「毛が濃くなる」という副作用が見られたため、転じて発毛剤として使用されるようになったんです。

つまり、ミノキシジルの大元の効果は発毛を促進するというものではなく、血管を拡張して血圧を下げるというものだということになります。
ではなぜ、ミノキシジルには発毛効果があるのでしょうか?

ミノキシジルタブレットに発毛効果がある理由

額は小さい傷でも血がたくさん出るといいますが、そのことからも分かるように頭はたくさんの血管が存在する部位です。
しかし薄毛に悩んでいる方の頭皮の血管は「ゴースト血管」という血液の流れない血管になっており、頭皮にある細胞に血液や栄養が届かない状態であることが多いんですね。

つまり髪の毛の素になる「毛母細胞」や、その毛母細胞に髪の毛を作れ!と指示を出す「毛乳頭細胞」にも十分に栄養が行かなくなっているため、細胞が働かず薄毛が進行してしまうんです。

ミノキシジルの血管拡張効果は血圧を下げる作用を持ちますが、同時に頭皮の血液が通らないゴースト血管まで拡げ、再び血液が流れるようにする作用も持っています。
それによって毛母細胞や毛乳頭細胞に栄養が行き渡り、細胞の働きが活発になることで発毛が促進されるんですね。

血圧を下げるために血管を拡げてくれるミノキシジルですが、このように図らずもゴースト血管まで復活させる効果があったため発毛効果が表れたんです。
そして現在では、本来の血圧を下げる目的よりもこの発毛効果を目的として、ミノキシジルタブレットなどが使われるようになりました。

ミノキシジルタブレットと外用薬の効果の違い

ミノキシジルには錠剤タイプのミノキシジルタブレットだけではなく、頭皮に直接塗る外用薬タイプのミノキシジルも存在しています。
そして外用薬タイプのミノキシジルにも、ミノタブ(ミノキシジルタブレット)と同様に頭皮の血管を拡張して血行を促進し発毛を促す効果があるんです。

ネットなどではミノタブ(ミノキシジルタブレット)が話題に上がることが多いと思いますが、実は手に入りやすさで言えばミノキシジル外用薬の方が優れていると言えます。
なぜなら国内で市販を許されていないミノキシジルタブレットとは違って、ミノキシジル外用薬は薬局やドラッグストアなどでも購入することができるからです。
その代表例がリアップシリーズです。

リアップシリーズは盛んにテレビコマーシャルも行っているので、目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?
このリアップシリーズの最新版である「リアップX5プラス」にはミノキシジルが5%の濃度で配合されており、販売会社の調査でも発毛したという結果が出ているため効果も確かにある発毛剤といえます。

 

しかしミノキシジル外用薬は手に入りやすいというメリットがある反面、効果に関してはミノタブ(ミノキシジルタブレット)のような内服薬の方が優れているんです。
というのも、ミノキシジル外用薬は頭皮の状態なども効きに影響するため、内服薬に比べて現れる効果にバラつきが出やすいという特徴があるんですよ。

こう聞くと「外用薬は必要ないか」と思うかもしれませんが、ミノキシジルで薄毛改善をしている方には内服薬と外用薬を併用している方も多くいます。
当たり前ですがミノキシジルは内服薬と外用薬を併用して内側・外側の両方から作用した方が効果は高まりますので、より強い薄毛改善効果を求める方は、ミノキシジル内服薬と外用薬の併用も視野にいれるといいでしょう。

ミノキシジルはフィナステリドと併用で効果UP

ミノキシジルはミノタブと外用薬を併用すると効果が高まると書きましたが、他にも併用すると薄毛改善効果が高まるものがあります。
それが「フィナステリド」という成分です。プロペシアやフィンペシアという名前で流通している成分ですね。

フィナステリドは、AGA(男性型脱毛症)の原因となる男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」を抑制する効果がある医薬品成分です。

最近ではテレビなどでもよく目にするAGAですが、その原因は頭皮にある脱毛酵素と男性ホルモンのテストステロンが結びつき、脱毛ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が生まれることです。

つまりDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制することがAGA対策となるのですが、テストステロン自体は身体に必要不可欠なホルモンなので、AGAを改善するためには頭皮にある脱毛酵素をどうにかする必要があります。

そしてフィナステリドはこの頭皮の脱毛酵素の活動を阻害する効果を持つため、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)が生まれるのを予防してくれるんですね。

ミノキシジルタブレットは血流を良くして発毛を促進する効果を持ちますが、DHT(ジヒドロテストステロン)に対する効果はそれほど高くはありません。
そのためミノキシジルと一緒にフィナステリドを服用することによって、発毛は促進され、AGAによる脱毛は防止されるという攻防一体の効果が得られるわけです。

ミノキシジルタブレットとフィナステリドの組み合わせはAGAクリニックでも治療でも用いられる代表的な組み合わせなので、薄毛に対する効果は折り紙付きです。

このように、ミノタブ(ミノキシジルタブレット)は他のものと併用することで薄毛に対する効果は高まります。
しかしミノキシジル自体にも副作用のリスクがありますし、さらに他のものと併用することでさらにリスクは高まってしまうので注意も必要です。

次の章では、ミノキシジルで薄毛治療をする際に気を付けるべき副作用について詳しく紹介したいと思います。

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)の副作用

ミノキシジルタブレットは確かに発毛効果を持っていますが、同時に「ミノキシジルで副作用が出た」と訴えている方もいます。
ミノキシジルタブレットを服用すると起きる可能性のある副作用について詳しく調べてみました。

ミノキシジルタブレットの副作用:多毛症

高血圧の薬として作られたにも関わらず、服用した方の毛が濃くなるという副作用が出たため薄毛改善の薬に転用されたミノタブ(ミノキシジルタブレット)。
ミノタブ(ミノキシジルタブレット)によって髪の毛だけ濃くなればいいのですが、ミノタブ(ミノキシジルタブレット)は内服薬なので頭皮の血行だけを促進するということはできないんです。

そのためミノタブ(ミノキシジルタブレット)を服用すると、副作用として全身の毛が濃くなるという症状が現れる可能性があります。
内服薬だと全身にミノキシジルの成分が回ってしまうため全身の毛母細胞・毛乳頭細胞が活性化してしまうんですね。

健康への影響がある副作用ではありませんが、体毛をコンプレックスに感じる方も多いと思いますので、ミノキシジルタブレットを服用するときは体毛の変化にも注意しましょう。

ミノキシジルタブレットの副作用:血圧低下

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)はもともと高血圧の治療薬だったため、発毛を目的として服用したとしても、同時に血圧を下げる効果も表れてしまいます。
そのため普段から低血圧気味の方、そして高血圧で他の医薬品を服用している方はミノキシジルタブレットの使用は控えた方が無難です。

ミノキシジルタブレットの血圧低下作用によって現れる副作用には以下のものが挙げられます。

・低血圧
・反射性高血圧
・頭痛
・めまい
・気が遠くなる
・手足のむくみ

ミノキシジルは本来降圧剤なので、低血圧はもちろん、その反動による反射性高血圧、さらには血圧が下がり血行が良くなることで頭痛などの副作用などが起きる可能性も考えられます。

また、ミノキシジルによって拡張される血管は動脈のみで、静脈は拡張されません。
そのためミノキシジルによって行きわたった血液が静脈をスムーズに通ることができずに留まってしまい、手足にむくみが出る恐れもあります。

ミノキシジルタブレットの重篤な副作用

多毛症や血圧関連の副作用の他にも、ミノタブ(ミノキシジルタブレット)によって以下のような重篤な副作用が出る可能性もあるとされます。

・性的不能、ED(勃起不全)
・腎性全身繊維症
・高カリウム血症
・多臓器不全
・肝臓への悪影響

どれも名前を見るだけで怖くなってしまうほどの副作用ですね。
発毛のためにミノキシジルを使用しても、これらの酷い副作用が現れたらたまったものではありません。

しかしミノタブ(ミノキシジルタブレット)を使用して頭痛やめまいという副作用が表れることはあっても、ここまで重篤な副作用が出ることはほとんどありませんので安心してください。

とはいえ用法容量を守らず服用したり独断で服用したりするとこれらの副作用が表れる可能性もゼロではありませんので、ミノキシジルタブレットは十分に注意しながら服用する必要があるということは忘れないようにしましょう。

このように大小さまざまな副作用が表れるリスクがある発毛成分「ミノキシジル」ですが、ミノキシジルによってどんな副作用が出るかは体質や相性といった個人差によるところも大きいんです。
実際にミノキシジルで副作用を感じる方の割合は、軽い副作用も重い副作用も併せて使用者の8~9%程度だと言われています。

次の項でミノキシジルの副作用に関する口コミを集めてみたので、ミノキシジルの具体的な副作用について気になる方はぜひ読んでみて下さい。

ミノキシジルの副作用は個人差アリ【口コミ】

■ミノキシジル使用者の副作用口コミ

ハゲ歴5年で色々試してきたけど、おれはミノキシジルの塗るタイプは頭皮がかゆくなっちゃって合わなかった。でもミノタブの方は全然副作用が出なかったから、ずっとミノタブ飲んでる。ミノキシジル、確かに効果あるよ。

■ミノキシジル使用者の副作用口コミ

AGAクリニックでミノキシジルを処方してもらいましたが、服用すると頭痛とめまいがしてダメでした。医師に相談したところ体質的に合わないのかもしれないとのことなので、また違う薄毛対策を考えなければなりません。とはいえ、本格的に身体を悪くする前にミノキシジルを辞められてよかったのかもと前向きに考えています。相談してよかった。

■ミノキシジル使用者の副作用口コミ

長年AGAクリニックにお世話になってますが、ミノキシジルの内服薬と外用薬、それとプロペシアを併用しても副作用は全く出てません!ネットを見ると「副作用がヤバイ」という口コミをたくさん見つかるので正直ビビってましたが、僕は平気でした。ミノキシジルが合うかは体質によるところが大きいと思うので、使うか悩んでるなら一回試した方が良いですよ!

■ミノキシジル使用者の副作用口コミ

つむじのあたりが薄くなってきて怖かったのでミノタブを飲んでみたのですが、ひと月が経過するくらいから夜の方の元気が無くなってしまいました…。
髪の毛が増えてもEDになるのはイヤなので、すぐに服用は中止。生活習慣を見直して、薬に頼らずハゲ改善に努めようと思います。

■ミノキシジル使用者の副作用口コミ

生え際とてっぺんからジワジワ薄くなってきたので、ミノキシジルの内服薬を飲んでいます。もう3ヶ月くらいは続けていますが、こころなしか腕毛も濃くなってるような気がします(笑)。でも髪の毛も確実に増えているので、この程度の副作用なら問題ないかな!

このようにミノキシジルは、少し使用しただけでも頭痛がして使えなかったり、逆に長期間使っても副作用がほとんど出ない方もいたりと、副作用の出方に個人差があるんですね。

そのためミノキシジルで副作用が出るかどうかは、使用してみないと分からないというのが実際のところです。

少なからずリスクのあるミノキシジルですが、それでも薄毛に悩んでいる方には「使ってみたい!」と考える方も多いのではないでしょうか?次の章では、ミノキシジルタブレットを購入する方法を詳しく見ていきたいと思います。

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)の購入法

上で書いたようにミノキシジルタブレットは効果も高い反面副作用のリスクもあるため、実は日本で市販することは法律で認められていないんです。
では、ミノタブ(ミノキシジルタブレット)を手に入れるにはどうしたらいいのでしょう?

結論から言ってしまうと、ミノキシジルタブレットを手に入れる方法には、個人輸入する方法とAGAクリニックで処方してもらう方法の2つがあります。

ミノキシジルタブレット個人輸入の購入価格

個人輸入と言うのはその名の通り、海外から個人で製品を輸入する方法です。

ミノキシジルタブレットは日本の薬局やドラッグストアでは法律で販売が禁止されていますが、海外では普通に販売されていて購入に医師の処方箋も必要ありません。
つまりネットで個人輸入代行サイトなどを利用すれば、海外のオンラインショップからミノタブ(ミノキシジルタブレット)を購入し、国内に輸入してミノキシジルタブレットを服用するということができるんですね。

個人輸入代行サイトでミノキシジルの値段をチェックしたところ、私が見たサイトではミノキシジル5mg配合のミノタブが100錠で2,980円、ミノキシジル10mg配合のミノタブが100錠で3,380円となっていました。

このように個人輸入をすると比較的安価にミノキシジルタブレットを購入することができるのですが、実は大きなリスクもあるので個人輸入をする際には注意が必要なんです。

ミノキシジルタブレットを個人輸入するリスク

海外から個人輸入でミノキシジルタブレットを手に入れた場合のリスク1つ目は、偽物や粗悪品を掴まされる可能性があるということです。

薄毛に悩む方の数は世界中を見ても非常に多いため、ミノタブなどの薄毛改善薬は良いビジネスとなります。
そのためミノタブを売る業者には、成分の異なる偽物や質の悪い粗悪品を売りつける悪徳業者もかなりの数いるんですね。

ミノキシジルは元々副作用が出る可能性がある医薬品ですが、偽物や粗悪品を使用してしまうのはその何倍も危険です。
もし質の悪いミノタブ(ミノキシジルタブレット)や偽物を服用してしまった場合、配合されている成分によっては最悪死亡してしまう可能性もないとは言い切れません。

海外からの個人輸入でミノタブ(ミノキシジルタブレット)を手に入れる場合は、このように偽物や粗悪品を掴まされる危険性があるということは理解しておいて下さい。

海外から個人輸入でミノタブ(ミノキシジルタブレット)を手にいれる場合のリスク2つ目は、「医薬品副作用被害救済制度」の適用対象外になってしまうということです。

医薬品副作用被害救済制度は対象となる人が医薬品の副作用によって障害が残る・死亡するといった事態になった場合に医療費や年金を支給してもらえる制度ですが、個人輸入した医薬品はこの制度の対象外になってしまいます。

もし個人輸入でちゃんとしたミノタブ(ミノキシジルタブレット)を手に入れられた場合でも、体質や相性が合わずミノタブ(ミノキシジルタブレット)で副作用が出る可能性はあります。

そういったときに医薬品副作用被害救済制度がないと、かなりの医療費がかかって金銭的にも大打撃を受けることになってしまいますよね。

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)を海外から個人輸入するのは、金銭面でもリスクが伴ってしまうんです。

このようにミノキシジルタブレットを個人輸入するのは非常にリスクが高いので、いくら安く購入できるいってもオススメはできません。

ミノキシジルタブレットのオススメ購入法

ミノキシジルタブレットは、リスクの高い個人輸入ではなくAGAクリニックで医師に処方してもらうようにしましょう。

AGAクリニックは処方前に血液検査や診察・カウンセリングを行ってくれるので、自分がミノキキシジルを使っても平気な健康状態であるかどうかが分かります。

さらに担当医師がつきミノキシジルを使用している間いつでも相談することができるため、万が一副作用が出たり体調に変化が現れた際も迅速に対応することが可能なんです。

ミノキシジルは重篤な副作用が出る可能性もゼロではないので、万全を期してAGAクリニックの医師に処方してもらったものを服用しておいたほうが確実に良いと思いますよ。

またAGAクリニックでミノキシジルを処方してもらえば先ほどの「医薬品副作用被害救済制度」の対象にもなるので、AGAクリニックでミノタブ(ミノキシジルタブレット)を処方してもらうのは健康面から見ても金銭面から見ても格段にリスクが低いのです。
ミノタブ(ミノキシジルタブレット)を服用したい場合は海外からの個人輸入をするのではなく、AGAクリニックで処方してもらうことをオススメします!

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)について詳しく調べた結果、ミノタブ(ミノキシジルタブレット)は効果も副作用も高い発毛薬だということが分かりました。
しかし、実はミノタブ(ミノキシジルタブレット)よりも効果も安全性も高い薄毛改善方法も存在するんです。

 

次の章では、ミノタブ(ミノキシジルタブレット)よりもオススメな薄毛改善方法を2つご紹介しますね。

ミノタブより効果大で安全な薄毛改善方法は?

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)よりも効果がある薄毛改善方法や、ちゃんと効果があってさらに副作用の心配もない薄毛改善方法を調査してまとめました。
ミノタブ(ミノキシジルタブレット)より効率的に薄毛を改善したい方、ミノタブ(ミノキシジルタブレット)の副作用が怖いけど薄毛を改善したいという方は必見です。

ミノタブより効果大で安全:AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックでの薄毛治療はミノタブ(ミノキシジルタブレット)よりも効果が高く安全性も高いため、非常にオススメです。

特にAGAスキンクリニックのオリジナル発毛薬「Rebirth-リバース-」は、ミノキシジルタブレットとフィナステリド内服薬、アミノ酸・ビタミンタブレット、そしてさらに6.5%濃度のミノキシジル外用薬をまとめて使用できる、かなり効果の高い薄毛改善方法です。

ミノキシジルは内服薬と外用薬を併用すると効果が高まりますし、市販のミノキシジル外用薬が濃度5%以下のものしかないところ、濃度6.5%のミノキシジル外用薬が使用できるというのは凄く魅力的です。
さらに「Rebirth-リバース-」ならDHTを抑えてくれるフィナステリドも一緒に服用することもできるため、ミノタブよりも格段に効果が期待できますよ。

またAGAスキンクリニックは初診料と血液検査、カウンセリングが無料でできるので、ミノキシジルを使用する前に自分の健康状態やミノキシジルとの相性を確認できるというのも大きなポイントと言えます。
さらに担当医師がついて薄毛改善を進めている途中に不安なことがあった場合でもすぐに相談することができるので、AGAスキンクリニックは安全面からみても非常に優れているといえるでしょう。

AGAスキンクリニックではこの「Rebirth-リバース-」の他にも、「Dr’sメソ」という頭皮に直接ミノキシジルを注射する治療や「植毛」、「ヘアタトゥ」など、さまざまな治療も行っています。

そのため、万が一ミノキシジルが合わなかった場合でも他の治療についての相談も医師とすることができるんです。

AGA治療のプロと二人三脚で薄毛改善を進めて行けるのは、1人であれこれと試行錯誤するよりも安心できますよね。

AGAスキンクリニックでの薄毛改善は、ミノタブを服用するよりもオススメです。
先ほども書いた通りAGAスキンクリニックは初診の血液検査とカウンセリングが無料なので、薄毛をどうにかしたい方、ミノキシジルを使ってみたいと思っている方は一度相談に行ってみてはいかがででしょうか?

>>AGAスキンクリニックを詳しく見てみる【24時間受付・初診無料】

ミノタブより効果大で安全:育毛剤

この記事を読んで「ミノキシジルの副作用が怖すぎる…」と感じた方は、副作用の心配がない育毛剤を使ってみるのもオススメです。
育毛剤にはたくさんの種類があるのですが、中には副作用のない天然成分だけを使用して作られたものもあるため、健康への被害を恐れることなく薄毛改善を進めることができます。

さらに育毛剤の中にはミノキシジルと同等の発毛効果があるとされる「M-034」「リデンシル」という成分が配合されたものや、ミノキシジルよりも効果があるとされる成分が配合されているものも存在します。
薄毛改善はしたいけどリスクは犯したくないという方は、このような安全で効果のある育毛剤の使用も検討してみるといいでしょう。

>>副作用の心配がないおすすめの育毛剤ランキングを見てみる

ミノキシジルタブレットの効果と副作用まとめ

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)の効果と副作用について詳しく見てきました。
ミノタブには確かに効果があって薄毛が改善した方もいますが、その分副作用のリスクもある薄毛改善方法です。

オススメのAGAクリニック「AGAスキンクリニック」ではミノタブ(ミノキシジルタブレット)よりも効果の高い薄毛改善方法を安全に進めることができますし、ミノタブの副作用が怖い方は育毛剤を使って薄毛改善をするという選択肢もあります。
どちらも非常にオススメな薄毛改善方法なので、「薄毛改善=ミノタブだ!」と考えるのではなく、色々な薄毛改善方法を試して自分に合ったものを探してみると良いのではないでしょうか。

>>AGAスキンクリニックを詳しく見てみる【24時間受付・初診無料】

この記事の関連ページ

>>薄井家の育毛剤事情TOPへ