退職のための知識〜看護師の職場で気をつけるべきこと〜

看護師はずっと同じ職場で働き続ける、といったことはほとんどありません。

 

看護師に限らず医療系の職場は人の出入りが激しいのです。退職は何度も経験する可能性があるので、スムーズに退職活動を実施しましょう。

 

こちらでは看護師がスムーズに退職する方法について解説します。

 

 

■退職願をしっかりと記載すること

 

・口頭のみで伝えない

 

退職を希望しているときは、退職願をしっかりと記載して出さなければなりません。

 

退職願については、問題になってくる部分もあります。

 

それは「退職の理由」です。

 

一体なんて書いたら良いのかで悩んでしまう方もいるのです。

 

本当の退職理由は何でしょうか。

 

職場に嫌な人がいるから、といったものになるかもしれません。

 

しかし、そんなことは記載できませんよね。

 

給料が少ないから、といったことも記載しにくいものです。

 

・「一身上の都合で、〇〇(期日)を持って退職させていただきたく、ここに申し上げます」

 

理由については、詳しく記載する必要はありません。「一身上の都合」のみで構わないのです。

 

職場によっては、詳しく退職理由を聞いてくることがあるのも確かです。

 

しかし、その場合であったとしても「一身上の都合」のみで構いません。

 

あまりにしつこくされたら、後に残らない、口頭のみで伝えるのがベストです。

 

 

■誰に退職を伝えるか?

 

・直属の上司

 

同僚に話してしまうのはあまり良いことではありません。

 

よっぽど仲の良い同僚には、内緒にして貰う約束で話しておくのがおすすめです。

 

最初に退職を伝える相手は、直属の上司です。

 

その場医師から退職する旨が同僚などに伝わるようにしましょう

 

順序を逆にしてしまうと、噂ばかりが広まって、退職時に良い印象が残らない場合もあるのです。

 

 

■失業保険を当てにしての転職活動は行わないこと

 

看護師の中には、仕事をやめてから転職活動を実施する例も少なくありません。

 

そこで注意して欲しいのが、失業保険を当てにすることです。

 

もちろん、もらうのは間違いではありませんが、甘えが出てきてしまいます。

 

収入がないわけではないので生活できてしまうと、転職活動に力が入らなくなってしまうことも多いわけです。

 

ですから、なるべく仕事は続けながら転職活動を行いましょう。

 

「今の職場は保険として取っておく」

 

このような感覚を持っておくのも大切なことです。

 

絶対に転職したいと思っている方も、もちろんいると思います。

 

しかし、転職活動を始めてから、今の職場の良さを再確認できることもあるんですよ。



ナース転職のススメ人気記事↓↓