転職する上でのデメリット〜看護師の転職で注意すべきこと〜

看護師は10%の方が毎年転職していることで知られています。

 

比較的活発に転職が実施されているのですが、成功している人はいるものの100%ではない点も把握しておく必要があります。

 

失敗例もあるのです。

 

こちらでは看護師が転職するデメリットについてお話します。

 

転職するときにそのデメリットを把握していれば、避けられるかもしれませんよ。

 

 

■無職の期間が生まれてしまうこともある

 

転職がすぐに決まれば問題がありません。

 

しかし、転職がすぐに決まるとは限りません。

 

タイムラグが生まれてしまうこともあります。

 

特に6ヶ月や1年などのタイムラグが生じてしまうと、仕事に慣れるのにも時間がかかります。

 

採用側も気後れしてしまうかもしれません。

 

・なるべく仕事を続けながら転職活動をすること

 

解決法としては、無職の期間をゼロにすることがお勧めです。

 

簡単に言ってしまえば、、仕事をやめてから転職活動をするのではなく、仕事を続けながら転職活動を実施するのです。

 

仕事を続けながら出会ったとしても、十分に転職活動は可能です。

 

辞めてから転職活動に力を入れたいと思っている方も多いですが、無職の期間を作らないでください。

 

 

■必ずしも希望給与を達成できるわけではない

 

転職の目的を、年収のアップとしている方は多いです。

 

看護師は比較的稼ぎやすいですが、ずっと同じ職場にいると稼ぎが限定されてしまう可能性も少なくありません。

 

一定以上に増えにくくなってしまうのです。

 

転職すると、その時に一気に年収が増えるといった成功モデルも実際に多く、そのような結果を求めて転職するのです。

 

しかし、転職活動を始めてから、年収アップが難しいと気づくケースも少なくありません。

 

・過度な期待はしないこと

 

年収のアップは魅力的です。

 

しかし、年酒が上がるか下がるかは転職活動を始めてみなければ見えてきません。

 

まずは、過度な期待を排除してください。

 

さらに転職コンサルタントとしっかりとお話をして、自分の適正年収を弾き出してもらうのがお勧めですよ。

 

 

■年収だけを見て判断しないこと

 

看護師の転職で失敗しがちなのが、給料の高いところを選びがち、といったものです。

 

魅力的なのは分かりますが、年収が高くても休みがほとんどもらえない可能性もあります。

 

視野を広く持つのが転職を成功させるコツになります。

 

・託児所について

 

お子さんがいる看護師、結婚を予定している看護師は託児所が需要なテーマとなります。

 

年収も大事ですが、各医療機関の設備や制度が子供を育てやすいものになっているかを確かめてください。

 

託児所があると安心して働ける、といったメリットも出てきますよ。



ナース転職のススメ人気記事↓↓