看護師が転職するまでの流れ〜職探しから転職成功まで〜

看護師は特に転職回数が多い、と言われています。

 

そこで注目したいのが、看護師が転職するまでの段階です。

 

職探しから、実際に転職先で働き始めるためにはどんな段階を踏むことになるのでしょうか。

 

こちらでは詳しく解説します。

 

具体的に転職を考えている看護師さんには、特に必見のテーマです。

 

 

■転職サービスの利用を考えよう

 

以前は、人脈を頼って転職活動をするケースも多かったです。

 

しかし、近年ではほとんど人脈を頼って転職活動をするケースはなくなりました。

 

人脈を頼って転職活動するのは、転職が成功しやすいといったプラスの面もありました。

 

しかし、転職先の幅を狭くしまう、といったデメリットもあったのです。

 

・転職サービスの種類

 

近年では、転職サイトがメインです。

 

人材派遣会社を利用する手もあります。

 

こちらでは、最も利用している方が多い、転職サイトについて解説します。

 

看護師の場合は、専門の求人サイトがあります。

 

看護師系の求人サイトとなりますが、情報数がとにかく多いです。

 

全国各地の病院などの医療機関情報もあるので見逃せません。もちろん登録料がかかることもないです。

 

 

■転職サイトの利用方法

 

・登録しなければ始まらない

 

看護師の転職サイトは登録しなければ活かしきれません。

 

登録しなければ、非公開求人をチェックできないのです。

 

さらに、転職コンサルタントからのアドバイスサービスを利用するのも登録が必要です。

 

特に転職コンサルタントのサービスはなくてはならないものです。

 

求人情報を探しだしてくれたり、こちらの希望を相手に伝えてくれる、と言ったサービスを提供してくれているのです。

 

・面接を受ける

 

良いと思った職場があったら、アクションを起こしてください。

 

面接を受けることになります。面接については、転職コンサルタントが同席してくれることも実際にあります。

 

 

■転職決定後にしなければならないこと

 

・いま働いている職場へ告げること

 

辞めるどれくらい前に職場に伝えるか、さらに誰に伝えるか、といった問題があります。

 

まずは伝える日程ですが、辞める予定の1ヶ月前にお話してください。

 

2週間くらい前でも対応できるかもしれませんが、直前となると新しい人材を探すのに今の職場も苦労してしまうのです。

 

もう一つ注目して欲しいのが、誰に伝えるのか、といったことです。

 

誰に伝えてもいいわけではありまえん。実は直属の上司となります。

 

看護師長さんなどに伝えてください。

 

同僚に伝えてしまうと、情報が混乱してしまうので注意してくださいね。



ナース転職のススメ人気記事↓↓