【手術室の看護師編】仕事内容と適正についてまとめました

 

看護師の中には手術室に勤務する方も多いです。

 

あこがれの職業ともなっていますが、目指す前に適正と仕事内容について確認しましょう。

 

給与も高いと評判ですが、自分に会っていなければ長く続けることはできませんよ。

 

 

 

■手術室看護師の仕事内容とは?

 

 ・機械出し
 ・外回り

 

以上の二つが主な業務内容になります。

 

ただ、それだけの説明だとどのような仕事が実際に行われているかは分かりにくいので、

 

もう少し詳しく解説します。

 

 

《機械出しについて》

 

主に手術室内で、医師をサポートする業務になります。

 

ドクターに手術で使用する器具を手渡したりします。

 

ドラマなどで看護師さんメスを渡しているシーンを見たことがあると思いますが、

 

まさにその仕事のイメージです。

 

また、手術器具を清潔の状態に保つことも重要な仕事の一部です。

 

滅菌作業などを行いつつ、執刀医のサポートを行います。さらに手術はスピードが重要です。

 

患者さんの体調によっては長時間の手術ができない事もあり、素早い行動が求められます。

 

 

《外回りについて》

 

手術中の患者さんのケアといったものや、手術室全体の流れをスムーズにする仕事になります。

 

以下にもう少し詳しく解説しますので参考にしてください。

 

 ・手術前の患者さんへの訪問
 ・手術中の患者さんの体勢変更業務
 ・看護関連記録の作成
 ・手術後、病棟看護師への報告など

 

主に上記のような仕事になります。

 

直接執刀にかかわらない仕事が外回りとなります。

 

他にも患者さん家族への手術に関する説明業務も重要な仕事の一つに入るので注目です。

 

手術の内容、危険度、手術をすることのメリットなど、しっかりとお伝えしなければいけないことはたくさんあります。

 

 

 

 

 

■手術室看護師の適正

 

・勉強熱心であること

 

手術には様々な器具が使われています。

 

そもそも、手術には様々な種類があり、幅広い知識が求められます。

 

日々勉強することをいとわないような看護師さん向きです。

 

 

・観察力があること

 

手術中の患者さんの容体の変化をチェックしなければいけません。

 

機器の数値などを確認したり、患部以外の状態にも気を配ったりします。

 

もしも変化が現れた場合には、すぐにドクターに告げなければいけません。

 

 

・若いこと(体力があること)

 

手術室看護師は年齢が重要になることが多いです。

 

転職の年齢は30代くらいまでになることが大半ですが、その理由として体力やスピードがあります。

 

きびきびと動けなければ手術に対応できませんし、長時間の立ち仕事になるので体力が必要とされます。

 

 

■手術室の看護師のまとめ

 

手術室の看護師は患者さんとの関わりはほとんどないです。

 

病棟の看護師の雰囲気とは全く違います。

 

男性の看護師が多いのも特徴です。

 

手術中の器械出しをするので手術の流れをしっかりと把握しておくことも大切です。

 

冷静に真面目にテキパキと仕事をする人に向いています。

 

 

手術室の看護師求人情報を探しているならコチラの求人比較サイトへ



ナース転職のススメ人気記事↓↓