女子のなりたい職業No,1「看護師」|なぜ辞めてしまうの?

看護師の離職率は安定している職業であるにもかかわらず何故か多いのが実態です。

 

そもそも、看護師は女性からも憧れられています。

 

収入も良いですし、仕事のやりがいもありますよね。

 

そんな状況なのに、なぜ看護師はやめてしまうのでしょうか。

 

こちらでは、憧れてなったはずなのに看護師を辞めてしまう理由をお話します。

 

 

■理想と現実の差|患者さんとの関係が難しい

 

・高いコミュニケーション能力を求められる

 

患者さんから感謝される仕事、といったイメージが強いかもしれません。

 

確かに、患者さんからは感謝されるケースはあります。

 

しかし、患者さんとトラブルになってしまうこともあるのです。

 

近年、病院では1時間や2時間の待ち時間は当たり前です。

 

患者さんからいろいろと不満を伝えられてしまうことも少なくありません。

 

中にはきつい言葉で咎めてくるケースも有るのです。

 

患者さんとの関係に思い悩んでやめてしまう看護師さんは思ったよりも多い、といった実態があります。

 

 

■転職しやすい|魅力的な職場が見つかった

 

・看護師転職は売り手市場である

 

看護師は人材不足の状態が続いています。

 

多くの医療機関で日常的に看護師を募集しているのです。

 

しかも、好条件で募集をかけているケースも珍しくありません。

 

他の職業と違って転職しやすい、といった実態があるので、魅力的な職場が見つかると転職がしたい、といった気持ちが生まれやすいのです。

 

 

■同僚との関係に悩んでしまう

 

・職場仲間とのトラブルが多い

 

看護師の職場でよく起きるのが、人間関係の悪化です。

 

いじめとはいかないまでも、ちょっと関係が悪いような状況に陥ってしまうケースが多くなっているのです。

 

女性の多い職場なので、2つの派閥に分かれてしまう、といったケースも多く報告されています。

 

その結果、仕事がしづらくなってしまう、といったことが起こってしまいます。

 

そんな職場に嫌気をさして辞める看護師が少なくありません。

 

 

■結婚・妊娠・出産を契機に辞める看護師が多い

 

・看護師は女性が圧倒的である

 

看護師の多数が男性であれば、結婚や子供が生まれるということで仕事を辞めるケースは殆どないと思います。

 

しかし、看護師の殆どが女性です。

 

現状でも90%以上の看護師が女性、といった実態があります。

 

結婚を契機に辞める方も多ければ、妊娠や出産を契機にやめる、といったケースも多く報告されている実態があるのです。



ナース転職のススメ人気記事↓↓