総合病院からクリニックに転職する方法を徹底解説

総合病院、特に救急救命や病棟勤務の看護師にとってクリニック勤務は憧れですよね。

 

決まったシフト、短い労働時間、夜勤なし!

 

けどクリニック勤務はどうしても激戦で中々空きがでません。

 

そこで、クリニックに転職する転職活動をご紹介します。

 

 

1、 新聞やハローワークの求人をチェックする

 

一番古典的でオーソドックスな方法ですね。

 

誰でも簡単に始められる方法で確実ではありますが、クリニックの求人に限定するとちょっと難ありです。

 

クリニック求人は人気なのですぐに決まってしまいますし、そもそもそういった誰でも見ることができる媒体に出さなくても応募が殺到し選考が大変なので新聞やハローワークにはクリニックは求人すら出さないことが多いのです。

 

忙しい総合病院勤務の看護師にとってはちょっと時間のロスが多すぎる方法です。

 

 

2、 紹介してもらう

 

クリニックに友人や知人がいる場合は、空きが出たら紹介してもらうという手段があります。

 

空きが出た瞬間に教えてもらえるので、転職できる確率は高めですが時間がかかるのが難点です。

 

クリニック勤務の友人ナースが30人もいるのであれば、早く空きがでるかもしれませんが、そんな人はほとんどいませんよね。

 

もしかしたらすぐに空きが出るかもしれませんし、1年たっても2年たっても空きがでないかもしれません。

 

そんなに待てないよ、という人は別の方法をとりましょう。

 

 

3、 看護師転職サイトで探す

 

クリニックへの転職で一番手っ取り早く、確実なのがこの方法です。

 

看護師の転職専門のサイトには、他の媒体には載せていない好待遇のクリニック勤務求人が多く掲載されています。

 

自分で検索して探すこともできますし、看護師転職の専門家に直接相談をして自分に合うクリニックを探してもらうことも可能です。

 

これまでの職歴や専門科などを詳しくヒアリングしてもらえるので自分のスキルにあったクリニックに出会うことができます。

 

多くの口コミや評判が集まっているので、より環境の良い働きやすいクリニックを見つけるのも難しくありません。

 

希望する条件を登録しておけば、合致するクリニック求人が出た時点ですぐに電話やメールで連絡をしてもらうこともできます。

 

この方法であれば忙しい総合病院勤務の看護師でも簡単にクリニックに転職することができるでしょう。

 

 

4、 まとめ

 

看護師に人気のクリニック勤務の求人は中々表には出ません。

 

新聞やハローワーク、紹介といった方法ではクリニックに転職するまでに膨大な時間と労力がかかってしまいます。

 

だから看護師専門の求人・転職サイトを活用し、手間をかけずに自分にぴったり合うクリニックを探すことをおすすめします。



ナース転職のススメ人気記事↓↓