看護師は出産後も働ける有利な資格である!

看護師の資格には非常に大きなメリットがあります。

 

実際にどんなメリットがあるのかを具体的な例を上げてお話させてもらいます。

 

看護師の資格を取得しようか迷っている方は必見です。

 

 

■一生働ける資格である

 

・定年がない!

 

看護師は、夜勤のある仕事でもありますが、日勤専従の仕事も少なくありません。

 

60代以降でも働き続けられるのです。

 

「看護師の定年は自分自身で決めるもの」

 

といった言葉も実際にあるほどなのです。

 

年令に関係なく仕事ができるので、資格としての活用度合いはかなり高いです。

 

 

■出産後でも働き続けられる

 

・女性への理解がある

 

看護師として働いている人は、ほとんどが女性です。

 

結婚や出産をすると、一時的に働けなくなることも多いわけです。

 

休業システムなどもしっかりと確立されている職場が非常に多いのです。

 

そもそも、看護師は人材不足が叫ばれています。

 

職場としても、人材を確保するために、出産後でも戻りやすいシステムと構築しているのです。

 

多少のブランクがあったとしても、しっかりと対応してくれる医療機関が多いんですよ。

 

 

・ブランク研修あり

 

出産を挟んで再就職となると、医療機器の操作方法などに変化が出ていることもあります。

 

対応ができないかもしれないので、不安に思っている方も多いですよね。

 

大きな医療機関では、そんな看護師のためにブランクありの再就職者を対象に定期的な研修を実施しています。

 

最新医療機器の使い方などもレクチャーしてくれるので、安心して働き始められるのです。

 

 

・託児所が用意されている医療機関もある

 

大きな医療機関であれば、院内託児所といったものが用意されています。

 

働いている時間帯であれば、格安料金で利用できるのです。

 

自分で託児所を見つけて働かなければならない、なんてことも一切ありません。

 

託児所に関する心配をほとんどしなくて良いのも、看護師が出産後も働ける有利な資格である理由です。

 

 

■シングルマザーでも生活が出来る資格である!

 

・給与が高額に設定されている

 

女性が年収400万円を稼ぐのは簡単なことではありません。

 

しかし、女性中心の看護師の平均年収は450万円を超えているのです。

 

たとえ、シングルマザーであったとしても、十分に生活できるほどの給与が貰える資格でもあります。

 

もちろん、仕事内容はかなりハードなので簡単に稼げるわけではありません。

 

夜勤があるケースも少なからず有ります。

 

稼ぐためには夜勤もせねばなりません。

 

シングルマザーだと厳しい判断に迫られることもありますが、収入に大きな心配はないのです。



ナース転職のススメ人気記事↓↓