看護師は女性ばかりだが、男性の看護師は必要なのか?

看護師の性別はほとんどが女性です。

 

実際に、90%以上の割合で女性が居る職場なのです。

 

男性にとっては肩身の狭い職業である、といった考え方もありますよね。

 

では、男性の看護師は必要なのでしょうか。

 

こちらでは男性看護師の必要性について詳しく解説します。

 

医療の世界で働いてみたい、と思っている男性は必見です。

 

 

■精神科や脳神経外科では男性看護師が特に重宝されている

 

・患者さんの抑止業務が必要になる

 

精神科や脳神経外科にいる患者さんの中には、突発的に想像できない行動を起こす方も少なくありません。

 

そんな時には、力でその行動を抑制しなければいけないのです。

 

女性の力では抑えられずに、男性でなければ大変であることも少なくありません。

 

しかも、男性患者であった場合には、女性看護師ではかえって怪我をしてしまうこともあるのです。

 

実際に精神科や脳神経外科では、一定数の男性看護師も確保しています。

 

それだけ必要とされているわけなのです。

 

 

・患者さんが暴れた時の対処方法

 

とにかく抑えることです。

 

患者さん本人や、他の患者さんに被害が及ばないようにしなければなりません。

 

あとは筋肉系の注射をしてもらい、ベッドに固定することになります。

 

ドクターに対応してもらおうと思っても、あまり積極的に関わってこないで指示するだけの人もいるので、看護師の大きな仕事の一つになります。

 

 

■職場の雰囲気を良くする役割が求められる

 

・女性ばかりの職場は雰囲気が悪くなりやすい

 

同性ばかりの職場は、色々と問題が発生しやすいです。

 

看護師は女性中心社会でもあるので、人間関係が悪化しやすく、それを苦にしてやめてしまうこともあるのです。

 

一方で、そんな職場に男性が居ると、女性特有の派閥といったものからは離れた存在になります。

 

間に入って、人間関係が深刻化しないようにしてくれるのです。

 

さらに、相談相手としても頼られるケースも少なくありません。

 

逆に、男性ばかりの職場に女性が来ると、これもまた緩衝材になってくれる感じですよね。

 

片方の性別に偏ってしまっている職場にはどうしても問題が起こりやすいです。

 

医療機関ではそのことも認知しており、積極的に男性看護師を雇うところも出てきているんですよ。

 

 

■そもそも看護師は男性の仕事だった?

 

・宗教的な業務の一つであった

 

キリスト教には隣人愛、といった言葉があります。

 

その競技とも言える鋳物を達成するために、看護業務を男性が行っていた例が古くはあったのです。

 

病院業務そのものが宗教観としてあり、さらに男性がそれを主導していたのです。

 

宗教に根ざした医療が良いとは言いませんが、男性が主に関わっていた事実はいまこそ知られるべきだと思うんです。



ナース転職のススメ人気記事↓↓